再生医療は、これからの治療法を根底から覆すほどのパワーを持っています。

自分の臓器をつくることができるようになれば、いつまでも健康でいられますし、事前に遺伝子の欠陥がわかっていれば、発病しないようにコントロールすることができます。

その夢のような治療法の礎を作ってくれたのが、京都大学の山中教授です。

山中教授がつくったのがips細胞、そのほか、小保方さんのstap細胞で問題になったES細胞や、成体幹細胞というのもあります。

細胞

同じように、細胞を再生する能力があるのですが、どう違うのでしょうか。

万能細胞は、分化能力、安全性、生産性で別れる

ES細胞は胚性幹細胞といい、受精卵から作ります。卵子と精子が受精し、まさにすべての組織に分化しようとする段階で体の組織のほぼすべてがつくれる万能細胞です。

安全性はあるのですが、人の受精卵を壊してつくるため、論理的な問題があります。

ips細胞は、山中教授がES細胞と同じ万能細胞を人工的につくりだしたものです。

体外で培養することができ大量生産しやすいのですが、現在の段階では細胞がガン化するリスクが残っています。

成体幹細胞は、本人の骨髄液などから、まだ分化していない若い細胞を取り出し培養させたものです。

自分の細胞なので安全は高いのですが、細胞死や損傷した組織など再生できる能力が限定されています。

いずれの再生細胞も、安全性や再生能力などについて世界中で研究されており、一部の病気では治療を目的とした臨床試験がスタートしています。

壊れた体の臓器を自分の細胞でつくって取り替える、そんな夢のような時代が確実にやってくるんですね。

しかし、この10、20年は、ちょっと無理そうなので、それまでは、予防医学で自分でしっかり守る必要があります。

予防医学のため、自分の体がどういう体質なのか、遺伝子検査で調べてみるのは、とても有効な方法だと思います。