採取した唾液をポストに投函してから、約2週間、結果をお知らせするメールが届きました。

結果は、自分専用のマイページに公開されていますので、結果を見るためにはサイトにアクセスします。

MYCODEの公式サイトにアクセスし、登録メールアドレスとパスワードを入力して、マイページにログインします。

ログイン画面

マイページにログインすると早速結果が表示されています。

マイページ画面

「全項目」と「主な病気」、「がん」、「生活習慣」の4項目の発症リスクが載っています。

遺伝子検査の結果

全項目

遺伝子結果全項目

  • 2.0倍以上は2個、クローン病/末期腎不全
  • 1.5~2.0倍は7個、B型慢性肝炎/ミオクロニーてんかんなど
  • 1.0~1.5倍は57個、腹部大動脈瘤/拡張型心筋症など
  • 0.5~1.0倍は64個、アルコールとニコチンの共存依存症など
  • 0.5未満は10個、胸部大動脈瘤/強直性脊椎炎など

私の兄は、子どもの頃、腎臓を患い、現在は腎臓がんを発症しているので、私も末期腎不全の可能性は注意が必要だと思います。

また、お酒とタバコは高校生の頃から浴びるほどやってきたので、これも当たっていますね^^;

ここで、病気の発症リスクを見てみます。

病気のかかりやすさ

私の末期腎不全の数値は、2.33倍と、遺伝子検査結果の中ではトップです。

遺伝子検査で発症リスクが高い病気

これがどのような数値かと言うと、

  • 自分の遺伝子より発症リクスが高いグループ 100人中0人
  • 自分のグループ 100人中8人
  • 自分の遺伝子より発症リスクが低いグループ 92人

と、こんな感じですので、私の発症率の高さが分かるかと思います。

病気は遺伝的要因が3割、生活環境が7割と言われていますし、その中の全体を100人とした時の数値なので、必ず発症すると言うわけではありません

しかし、グラフでは、平均値がかなり左よりなのに、私は1番右端にいますので、これは頭に入れておくべきかな~と思っています。

このように、すべての数値は、低いから高いからと言って安心ではなく、それぞれの病気の詳細項目で、自分の値が平均値より低いのか高いのか、高い場合は、どれほど高いのかをチェックする必要がありそうです。

主な病気の遺伝子検査結果

主な病気の遺伝子結果

  • 2.0倍以上はありませんでした
  • 1.5~2.0倍は3個、B型慢性肝炎/原発性胆汁性肝硬変など
  • 1.0~1.5倍は26個、開放隅角緑内障/心不全/腹部大動脈瘤など
  • 0.5~1.0倍は21個、胃がん/痛風/全般性てんかん/COPDなど
  • 0.5未満は2個、胸部大動脈瘤/関節リウマチ

現在、私は、緑内障の治療で眼科にかよっています。進行はしていないので治療はせず要観察ですが、緑内障の結果には納得です。

がんの遺伝子検査結果

がん遺伝子検査結果

  • 2.0倍以上は、ありませんでした
  • 1.5倍~2.0倍は1個、慢性骨髄性白血病
  • 1.0~1.5倍は10個、髄膜腫/肺がん(非小細胞肺がん)など
  • 0.5~1.0倍は19個、肝臓がん/多発性骨髄腫/肺がん(扁平上皮肺がん)など
  • 0.5未満は3個、精巣がん/ウィルムス腫瘍/慢性リンパ性白血病など

がんは、以外でした。父親がS字結腸がん、母が胃がん、兄が腎臓がんと「ガン家系」なので、2.0倍以上を覚悟していました。

遺伝子的に高いガンは、慢性骨髄性白血病でした。心にとめて置きたいと思います。

生活習慣病の遺伝子検査結果

生活習慣病の遺伝子検査結果

  • 2.0倍以上は、ありませんでした
  • 1.5倍~2.0倍は、ありませんでした
  • 1.0~1.5倍は10個、心不全/高血圧/肥満など
  • 0.5~1.0倍は8個、1型糖尿病 末期腎不全/脳梗塞など
  • 0.5未満はありませんでした

生活習慣病で1番気になっていたのが、肥満でしたので、この比率が高かったのは想像通りです。

気になる肥満遺伝子の結果

ここで、気になっていた肥満遺伝子です。私の家計は、中年以降どんどん太ってくる家計です。

遺伝子検査では、「やっぱりね・・」と言う結果でした。

肥満遺伝子の結果の詳細はこちらです。

気になる脱毛の結果

最近、頭のテッペンが薄くなってきたので、これも気になっていました。ハゲる体質なのかは、男性に限らず女性も気になりますよね~

これは、意外でした。ちょっと嬉しい結果でした。

脱毛の遺伝子検査結果の詳細はこちらです。

何だかな~~と思う結果

検査結果の中に「何だかな~~~、ホントかよ!」って思う項目がありました。

それは、容姿の項目。

私の容姿の遺伝子は、「鼻筋が通ってる(8.8%)」と言うことでした!

この鼻筋が通っている遺伝子を持っているのは、100人に約8人。たった8人しかいない貴重な(笑)せっかくの遺伝子なのに、残念ながら当たっていません。

私は、丸顔で典型的な日本人の平たい顔をしております。

鼻はどちらかと言うとまん丸でとても鼻筋が通ってるとは言えません。

では、親のどちらかが鼻筋が通っているのかと言うと、そんなことはありません。

私の兄弟も違います。では、この遺伝子はどこから来たのか?そして、いつの代にこの遺伝子が現れるのでしょうか?

このようなことを考えると、それはそれで面白いのかもしれませんね。

遺伝子検査のやり方 私の体験談を見る