子宮がんは良く耳にするガンですが、「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分かれています。

子宮頸がんは、子宮の入口の子宮頸部に発症し、子宮体がんは、赤ちゃんを育てる子宮内膜に発症します。

子宮頸がん 発病リスク

子宮頸がんは年齢に関わらず発症することが多く、子宮体がんは比較的高年齢に発症することが多いと言われています。

子宮頸がんは、早期発見であれば治療しやすく比較的予後の良いがんですが、進行すると治療が難しくなります。

子宮頸がんの原因

子宮頸がんの発症には、性交渉によって感染するヒトパピローマウイルスと言うウイルスが関わっています。

ヒトパピローマウイルスに感染しても、多くの人が発病するまえにウイルスが排除されると思われますが、ウイルスが排除されずに感染が継続すると、子宮頸がんを発症すると考えられます。

子宮頸がんの患者さんからは90%の割合で、このヒトパピローマウイルスが検出されます。

子宮頸がんの危険因子は、ヒトパピローマウイルスと喫煙であることが分かっています。

子宮頸がんの前兆

子宮頸がんは、発病する前にがんの一歩手前である「前がん状態」があります。

前がん状態は、細胞ががん細胞になる一歩手前「異常な細胞(異形細胞)」の状態です。

婦人科検診では、この段階でも検査で見つけることができます。

子宮頸がんの症状

初期状態ではほとんどこれと言った症状はありません。

早期発見するには、
・生理中でないときの性行為で出血
・普段と違う「おりもの」が増える
・月経血が増える
・月経が長引く
このような気になる症状があればすぐに婦人科の検診を受けることが大切です。

私の遺伝子検査の結果

私は男性ですので、もちろん子宮頸がんは発病しません。

しかし、私と同じ型の遺伝子を持つ女性の場合として結果がでますので、身内に姉妹や女の子がいる場合、参考になるかと思われます。

私の遺伝子の発症リスクは日本人平均の1.03倍でした。

発症リスクが平均より少しだけ高めですね。

私と同じ遺伝子を持つ人が100人中38人、私より発症リスクが高い人は100人中20人、私より発症リスクが低い人は100人中41人。

たとえウイルスに感染しても発症リスクの低いひとは高い人に比べて、がんになる可能性も低いというわけです。その逆もあります。

たくさんの人と性交渉した方で発病を気にしている女性は、遺伝子検査で発病リスクを調べてみるのも良いですね。

発病リスクが高ければ、毎年の検診はより必須になります。