こんにちは。私は40代男性で、妻と子供二人と暮らしております。私は、両親や兄弟ががんになった完全に「がん家系」です。

最近、がんでなくなる知り合いが増え、また、下っ腹がポッコリでてきたし、頭も薄くなってきたので、思い切って自宅でできる「遺伝子検査」と「血液検査」を受けることにしました。

検査を受けるための承認事項

検査を受けるにあたっての了解事項として、以下のような内容が書いてありましたので、その内容を確認納得してから申し込みました。

検査前の確認事項

①がんや病気は、遺伝子だけでなく環境的な要因も大きく影響していること、
②発症リスクが高くても発病するとは限らないこと、
③検査データにはエラーの可能性もあること
③血液検査で陽性は病院での検査が必要であくまでも参考データであること

つまり、発症リスクが高いからと言ってかならずそうなるとは限らない、血液検査のデータは間違っていることもある、医療機関にかかって総合的な判断が必要ということのようです。

遺伝子検査や血液検査を受けるための注意点を調べ、十分納得した上でトライしてみました。

私のようながんにかかった肉親のいる人は、みなさん同じように心配していると思います。

私の個人データ

個人データ

・1972年生まれ 43歳
・男性
・家族 妻 長男13歳 長女10歳
・身長 170cm
・体重 63kg
・BMI 21.7

手術歴

・虫垂炎 37歳
・痔瘻 35歳

現在の治療

・高脂血症により治療中 40歳より
・緑内障 経過観察中
・頸動脈内にポリープあり

家族のガン歴

父   S字結腸がん60歳で死去
母(71)乳がん 58歳で発病 右乳房全摘出 術後13年経過
兄(45)腎盂がん 41歳で発病 右腎臓摘出
妹(41)問題なし

父方兄弟
父の兄 脳梗塞で50歳で死去
父の妹 胃がんで72歳で死去

母方兄弟
母の兄 肺がんで60歳で死去
母の姉 胃がんで72歳で死去
母の妹 子宮がんで45歳死去

このようなガン家系のサラブレッドとして生まれた自分ですので、やっぱり遺伝子は調べておくべきですよね。

と言うことで、私の体験談と結果はこちらで詳しく紹介しています。

公式ページ⇒遺伝子検査「MYCODE(マイコード)」遺伝子検査サービス「MYCODE」