ガン検査の1つ、「腫瘍マーカー」。この検査は、血液によってがんや他の病気の可能性が分かる検査です。

腫瘍マーカー血液検査

胃カメラや大腸内視鏡検査などと違い、採血だけで済みますので、費用も安く、苦痛を伴う検査が苦手な人は、まずはここから始めると良いですね。

では、腫瘍マーカー検査で何が分かるのでしょう?

腫瘍マーカー検査とは

腫瘍マーカーとは、正常細胞では作られることなく、腫瘍細胞が特異的に作り出す物質、または、腫瘍細胞が体内にあることによって作られる物質と定義されます。

医療機関では、がんの補助診断や治療効果の判定、病勢の経過観察として利用しています。

腫瘍マーカーは、がん以外の病気でも異常値になることがあり、異常な臓器を特定する能力は弱いので、最終的な診断は医療機関でさらなる精密検査による総合的な判断が必要となります。

スポンサーリンク

腫瘍マーカー検査で分かること

検査の結果によって自分がの数値がどのあたりなのかを把握することが大切です。

検査結果が著しく高い場合には、腫瘍性疾患の可能性が高くなりますので、急いで医療機関の受診が必要になります。

健康な人は、ほどんどが基準値以内となりますので、数値が高い場合は、病気を含めて、飲酒や喫煙、飲んでいる薬などが影響している可能性があります。

腫瘍マーカーの検査を継続して受けることで、数値が増加傾向にないかどうかを確認できますので、初期の疾病に早めに気づくことができます。

ガンに限らず、病気は早期発見早期治療が理想です。

初めの検査として、まずは腫瘍マーカーから始めるのもいいですね。

症状が強く、病気が疑われる場合は、医療機関の検査によっては、腫瘍マーカーを行わず、すぐにCTや内視鏡検査などを行うことが多いです。

症状が強い場合は、その旨を医師に告げて、最適な検査方法で診断してもらいましょう。