バイキングと言う番組で、遺伝子検査を受けた芸能人たちが、どんな病気の発症リスクが高いか発表していましたね。

一般的に遺伝子検査の結果は倍率で表します。1倍が平均で数値が高くなるほど発症のリスクが高まります。

芸能人の中には、6倍と言う高い数値もあり、このような高い数値が出た人は注意が必要になります。

遺伝子検査結果の受け止め方

まずは、遺伝子検査をするにあたり、心得があります。

①遺伝的に発症リスクがある病気が分かるが、必ずその病気にかかるわけではない
②遺伝的な発症リスクがあっても生活習慣を気を付けることで予防が可能

出演者の発症リスクが高い疾患

2倍以上と高い数値がでた病気です。中には6倍以上と言う高い数値もありました。

スポンサーリンク

坂上忍さんの発症リスクが高い疾患

視神経脊髄炎 6.25
ユーイング肉腫 2.92
B型慢性肝炎 2.87
精巣がん 2.57
歯周病 2.53

視神経脊髄炎とは、視神経による重度の視力低下と下半身不随を繰り返し発症する疾病です。6.25倍とは非常に高い数値ですね。

宮迫博之さんの発症リスクが高い疾患

特発性膜性腎症 5.20
高トリグリセリド血症 4.03
腎疾患 3.37
円形脱毛症 2.99

特発性膜性腎症は、足や目の周りの浮腫や体重の増加がみられます。

蛍原徹さんの発症リスクが高い疾患

特発性膜性腎症 5.20
高トリグリセリド血症 4.50
好酸球性食道炎 3.42
腎疾患 3.37
むずむず脚症候群 2.89

むずむず脚症候群とは、脚が「じっとしていられない感じ」、「むずむずする」「虫が這うような」などの感覚になる症状です。

渡辺えりさんの発症リスクが高い疾患

大豆取得量と肥満 5.00
リウマチ 3.30
B型慢性肝炎 3.09
むずむず脚症候群 2.89
好中球細胞賀抗体関連血管炎 2.86

大豆摂取量と肥満とは、大豆の摂取量が少ないと肥満になる体質です。この体質の人は、大豆製品を積極的に摂って肥満を回避します。

鈴木奈々さんの発症リスクが高い疾患

鈴木奈々さんの発症リスクの高い疾患は、「特発性肺線維症 4.45倍」でした。

特発性肺線維症とは、肺が蜂の巣状の穴が開いた状態になる病気で、発症した人の20%~30%で肺がんを併発する傾向にあります。

肺が繊維のように硬くなり、機能しなくなります。

予防・対策としては、鳥を飼わないこと。この遺伝子検査の結果が高い人は、鳥を飼うとリスクがアップします。

自分の遺伝子を知ることで、発症リスクの高い病気が分かれば、早めの対策が取れますね。