この遺伝子検査は、B型肝炎ウイルスに感染し、その後B型肝炎を発症するリスクを知るものです。
肝硬変
肝臓が長期にわたって炎症を起こし、炎症が続く状態を「慢性肝炎」と言います。

日本における肝炎の発症は、その約2割がB型肝炎ウイルスの感染によるもの、約7割がC型肝炎ウイルスによるものです。

B型肝炎ウイルスの感染は、母子感染、性行為、カミソリや歯ブラシなどの共用、消毒のない医療機器、注射器の使い回しなどが考えられます。

中高年以降は、小学生の頃の集団予防接種の注射針の使い回しで感染しているケースもあり、これによりB型肝炎ウイルスに感染したと判断できれば国の保障(最大で3600万円)を受けられる制度があります。

ウイルスに感染したとき、一時的に急性肝炎になる「一過性感染」と肝炎が慢性化する「持続感染」の2つあります。

私のB型慢性肝炎の遺伝子検査の結果

私の遺伝子型の発症リスクは日本人平均の1.51倍でした。

私と同じ遺伝子を持つグループは、100人中36人、私より発症リスクが高い人は100人中0人、私より発症リスクが高い人が100人中64人でした。

多少発症リスクが高いですね。

スポンサーリンク

B型慢性肝炎の治療法と合併症について

B型肝炎ウイルスは、感染してから発病するまで5年から10数年要します。

自覚症状がほとんどないため、放置されることが多く、肝硬変になってから気づくことがあり、さらに放置すると肝がんに移行するケースが多くあります。

慢性肝炎のうちにウイルスを除去する治療が必要です。

主な治療薬

○抗ウイルス薬
・ラミブジン
・アデホビルピボキシル
・エンテカビル
・テノホビルジソプロキシルフマル酸塩

主な合併症

B型肝炎は、慢性化し、肝硬変、肝がんと言う経過をたどるケースが多くあります。

短期間で悪化するケースもあり、炎症が急激に起こった場合、肝臓以外の臓器、腎臓や脳などに悪影響を及ぼす場合があります。

B型慢性肝炎の合併症

・肝硬変
・慢性肝炎
・肝細胞がん
・急性肝不全

気を付けること

・保菌者の血液や体液の付着
・十分な消毒のない経静脈的薬物乱用、ピアス、刺青
・避妊具なしの性交渉