私の家系は、中高年以降になると急激に太る体質です。

肥満遺伝子

家族もそうですが、親せきもそうなので、たぶん遺伝が関係しているのだと思っています。

そこで、がんの遺伝子検査を受けるついでに、脱毛や肥満などの体質まで分かるMYCODE(マイコード)の遺伝子検査を受けてみました。

私の太る要因の遺伝子検査の結果

太る体質には、「体脂肪率」と「体重」と「肥満の指標(BMI)」の項目がありました。

スポンサーリンク

体脂肪率

私の遺伝子から分かる体質は、「体脂肪率がやや高いタイプ」30.3%でした。

体脂肪遺伝子

●体脂肪率がやや低いタイプ CC型 (66.3%)
●体脂肪率がやや高いタイプ AC型(30.3%)
●体脂肪率が高いタイプ AA型 (3.5%)

「体脂肪率がやや低いタイプ」は、100人に約66人、「体脂肪率がやや高いタイプ」は100人に約30人、「体脂肪率が高いタイプ」は100人に約4人ですから、理想なら「体脂肪がやや低いタイプ」だったら良かったのに・・と思いました。

体脂肪の結果には、以下のアドバイスがありました。一部掲載します。

肥満に関連する遺伝子は、すでに世界中で数十個も見つかっていますが、肥満体型そのものが遺伝するわけではないとされています。ただ、体脂肪をため込みやすい体質となる遺伝子が分かっているので、その遺伝的素因を有する人がエネルギー過多の食事、著しい運動不足などの生活習慣を続ければ、肥満につながりやすくなると考えられます。

肥満の75%は食生活や生活習慣が原因といわれていますので、健康的な生活を送ることがとても大事です。「遺伝だから仕方がない」とあきらめないようにしましょう!

スポンサーリンク

体重遺伝子

私の遺伝子から分かる体質は、「体重がやや重いタイプ」30.3%でした。

体重の遺伝子

体重がやや軽いタイプ AA型 (66.3%)
体重がやや重いタイプ AC型 (30.3%)
体重が重いタイプ CC型(3.5%)

「体重がやや軽いタイプ」は100人中約66人、「体重がやや重いタイプ」は100人中約30人、「体重が重いタイプ」は100人中約4人ですから、理想を言えば「体重がやや軽いタイプ」だったらよかったのに・・と思いました。

体重の結果には、以下の記載がありました。一部掲載します。

体重とは、筋肉、骨、内臓、血液、体脂肪などを含めた体全体の重さです。体重は個人の栄養摂取状況や運動、持病などに左右されますが、性差や人種、家系など遺伝的要因もあるようです。個人ごとに体重の増え方には差が出てきます。体重が増え過ぎれば肥満と見なされることになります。病気とも関係する可能性がありますから、肥満は避けたいところです。

適正な体重は個人の性や職業、願望などで異なっているといえますが、一般に健康のための理想体重、すなわち、肥満ややせの度合いを目安として測るためには、BMI(body mass index)が使われます。体重(kg)を身長(m)の2乗で除した数値のことで、日本では22が標準体重、25以上が肥満、18.5未満が低体重と判定されます(国によって、判定基準に違いがあります)。

肥満は遺伝的な要因が関係します。現在、肥満に関係するものとして数十にも上る遺伝子が発見されています。これらの遺伝要因が複雑に絡み合って、太りやすい/太りにくい体質を作っています。例えば、ある米国の原住民族は、ある種の遺伝子を持つ人が多く、成人の90%が肥満で60歳を超えると3分の2が糖尿病に罹患すると報告されています。

スポンサーリンク

肥満の指標遺伝子

私の遺伝子から分かる体質は、「BMIの値がやや高いタイプ」32%でした。

bmi遺伝子

●BMIの値がやや低いタイプ AA型(64.0%)
●BMIの値がやや高いタイプ AG型(32.0%)
●BMIの値が高いタイプ GG型(4.0%)

「BMI値がやや低いタイプ」は100人中64人、「BMIの値がやや高いタイプ」は100人中約32人、「BMIの値が高いタイプ」は100人中約4人ですから、理想を言えば、「「BMI値がやや低いタイプ」に入りたかったです。

肥満遺伝子の結果の欄には、以下のアドバイスがありました。

肥満の度合いを目安として測るためには、BMI(body mass index)が使われます。体重(kg)を身長(m)の2乗で除した数値のことです。日本では22が標準となります。25以上が肥満、18.5未満が低体重と判定されます。国によって、判定基準には違いがあります。

肥満の程度は遺伝的な要因が関係あると考えられています。遺伝的要因に加えて、生活習慣を中心とした環境的な要因で実際に肥満になるかどうかは決まります。肥満は、糖尿病、高血圧、脂質異常症などのメタボリック症候群になるリスクが高まります。遺伝的に肥満になりやすいリスクを持つようでしたら、食生活や運動などの生活習慣を見直す意味は大きい可能性があります。

今回の結果では、私はすべて「体脂肪率がやや高い、体重がやや重い、BMI値がやや高い」と油断すると太る体質だと言うことがわかりました。

やはり、私の家系は、太りやすい体質だと言うことは当たっているようです。

この値は、日本人の約3割に該当するようですので、やはり注意することが大切だと痛感しました。

ガンや病気の他、男性型脱毛症や肥満度まで分かる遺伝子検査マイコードの概要はこちらです。また、私のマイコード体験談はこちらです。

私が受けたMYCODE(マイコード)は、がんの他、一般的な病気や体質まで280項目が分かる遺伝子検査キットです。