基底細胞がんは皮膚がんの一種で、表皮の一番下層にある基底層や毛包などを作る細胞が悪性化したものです。

もっとも日本人に多い皮膚がんで、毎年10万にあたり5人以上がこのがんを発症していると言われています。

基底細胞がんは、約80%が頭部と顔に発症することから、紫外線によって発症する可能性があると考えられています。

紫外線

発症は50歳を過ぎると増え、年齢とともに発症率が上がるのは、このためだと言われています。

紫外線の他、やけどや外傷などが原因になるときがあります。

生まれつき、頭部や顔に脂腺母斑と呼ばれるアザがある場合、思春期ごろからアザの上に基底細胞がんが発症することがあります。

色素性乾皮症の場合は、生まれつき皮膚が非常に弱いため、基底細胞がんが生じやすいと言われています。

基底細胞がんを放置すると、筋肉や骨などの組織に浸潤していきますが、リンパ節やその他の臓器に移転しずらいのが特徴です。

スポンサーリンク

初期症状

始めは、黒色から褐色の少し盛り上がった感じで、ほくろと非常に似ています。

数年かかって少しずつ大きくなり、進行すると中心部が陥没して潰瘍になります。

中心部の潰瘍は、かさぶたが繰り返しでき、出血しやすくなります。

できる場所は、そのほとんどが、上下のまぶた、鼻、上唇の周りです。

通常痛みがないため、ガンだと思わない人がケースが多いようです。

私の遺伝子検査の結果

私の遺伝子型の発症リスクは日本人平均の1.07倍でした。

私と同じ遺伝子型の人は100人中23人、私より発症リスクが高い人は100人中26人、私より発症リスクが低い人は100人中51人でした。

治療と再発

治療法は、そのほとんどが外科的なものになります。

腫瘍の周り、皮下脂肪組織を十分な深さまで切除します。

顔面に好発するため、見栄えの観点から切除範囲が狭くなりがちですが、手術範囲が狭いと再発の可能性が高くなります。

再発を繰り返すと、筋肉や骨などの組織が破壊され、さらに深部へと湿潤する可能性があるため、初回の手術で十分な範囲を切除することが重要になります。

高齢や持病で手術が難しい場合は、放射線療法や凍結療法を行う場合があります。