甲状腺の病気は、がんのほかに色々あります。

甲状腺がん

「腫瘍ができるもの」と甲状腺腫、バセドウ病、橋本病などのように「腫瘍ができない物」に分けられます。

甲状腺の腫瘍のうち大部分は「良性」で、ガンである可能性は低いと言われています。

しかし、良性の腫瘍でも、大きくなったり、別の臓器に転移したりし、悪性の性質の腫瘍があり、これが甲状腺がんです。

5種類の甲状腺がん

・乳頭がん
・濾胞がん
・髄様がん
・未分化がん
・悪性リンパ腫

乳頭がん

乳頭がんは、甲状腺がんの中で9割を占める一番多いがんです。40歳~50歳代の女性に多く、信仰は非常に遅いと言われています。

リンパ腺への転移が多いがんですが、リンパ節の切除を含めた手術を中心とした治療で完治の可能性が高いがんです。

まれに悪性度の高い未分化ガンに変化することがあり、高齢で発病するほど悪性度が高いと考えられています。

濾胞がん

濾胞がんは、甲状腺がんのうち約5%です。治療後の経過は良好ですが、乳頭がんより高齢者に多く、血流にのって近くの臓器に転移しやすく、血行性転移をした場合は予後はあまりよくありません。

スポンサーリンク

髄様がん

髄様がんは、傍濾胞細胞ががん化したもので、甲状腺がんの約1~2%です。

乳頭がんや濾胞がんより進行が早く、転移を起こしやすいがんです。髄様がんの約2~3割は遺伝性と言われ、家族を含めた検査が行われることがあります。

未分化がん

未分化がんは、甲状腺がんの約1~2%に見られ、進行が早く、他の臓器への浸潤や遠くの臓器などへの転移を起こしやすいがんです。

悪性度が高く、特に高齢者に多く発症します。

悪性リンパ腫

甲状腺の悪性リンパ腫は、悪性リンパ腫が甲状腺にできたものです。長期に渡り橋本病(慢性甲状腺炎)を患っている場合が多いとされています。特に長期に渡り患っている高齢者に多く、甲状腺が急速に腫れたり、声がれや呼吸困難がおこることがあります。

私の甲状腺がんの遺伝子結果

私の遺伝子型の発症リスクは日本人平均の0.97倍でした。

私と同じ遺伝子をもつグループは100人中43人、私より発症リスクが高い人は100人中24人、私より発症リスクが低い人は100人中33人です。

私はホント平均ですね。

甲状腺がんの発症につながる要因

遺伝(一部の甲状腺がん)
体重増加
放射線被曝(被曝時年齢19歳以下、大量)

甲状腺がんは、1年に10万人あたり7人前後の発症ですから、それほど多い癌ではないようです。