糖尿病の3大合併症と言われるものの1つは網膜症。

糖尿病性網膜症

網膜に栄養を補給する多くの血管が、高血糖状態が長く続くことで血管がもろくなったり、一部が膨らみコブをつくり出血することでなるものです。

また、小さな血管が血栓でつまったり、つまって血流が途絶えた部位に血流を補充するために新しい血管ができてきたりもしますが、この新しい血管は急ごしらえのため非常に脆く、ちょっとしたことで出血を起こす原因ともなります。

これらが進行していくと、最悪失明に繋がってくるのが網膜症です。

網膜症のことをもう少し説明すると、まず網膜とは目をカメラに例えるとレンズに当たるのが水晶体、そしてフィルムが網膜になります。

この網膜は眼球の一番奥、眼底にあり、光を感じる細胞で覆われていて、このフィルムに相当する網膜に障害が生じることで当然視力が損なわれるものです。

治療法としては、レーザー光線で網膜の新しい血管を焼く光凝固治療をすることで、進行を防ぎ失明を回避する方法が有名です。

これは1発・1回だけではなく、数発・数回にわたって治療を行います。

それでもダメな場合は手術になります。それは硝子体手術。

眼球表面に3つの穴をあけて細い手術器具を挿入。

これで目の中の出血や、増殖組織を取り除いたり、剥離した網膜を元に戻したりするものです。

スポンサーリンク

増殖組織とは、本来傷を治そうとして網膜の表面や硝子体内に線維性の細胞を増やすものですが、それが網膜を前方に引っ張るため網膜が剥がれてしまという悪さをします。

この手術は、顕微鏡下での細かい操作を必要とするので眼科では高度なレベルの手術となります。

また、レーザーの治療時には薬を使って瞳孔を開かせますが、眼球表面の3つの穴に手術器具を挿入することで瞳孔が開きっぱなしにするので、同時に補助的なレーザー治療もすることがあります。

ちなみに患者さんにとっては光しか見えないので、何をしてるかは見えません。

ただし、極端に悪くなった視力は元に戻らず失明を止めるだけという場合もあります。

また、手術後は定期的に眼底の網膜をチェックする経過観察を行います。

この時も瞳孔を開く目薬を使いますが、数年前までは3回ほどで1時間強を必要としましたが、今は1回・30分弱で済むようになりました。

2型糖尿病は、遺伝要因が26%、生活要因が74%です。もし、自分がこの遺伝子を持っていると、持っていない人に比べ発症リスクが高まります。

糖尿病の3代合併症の1つ「神経障害」はこちら