てんかんは遺伝子が影響しているものがあります。

てんかん遺伝

てんかんにも色々な種類があり、私が受けた遺伝子検査MYCODEマイコードでは、
・ミオクロニーてんかん
・欠神てんかん
・全般性てんかん
・部分てんかん
の結果がでました。

てんかん遺伝子検査

部分てんかん

脳の神経細胞に電気的な興奮が生じることでけいれんや意識生涯などの発生を繰り返すものです。興奮する場所が脳の一部分だけに「局在関連性てんかん」とも言います。

私の遺伝子型の発症リスクは日本人平均の0.70倍でした。

私と同じ遺伝子の人は100人中23人、
私より発症リスクが高い人は100人中75人、
私より発症リスクが少ない人は100人中2人です。

スポンサーリンク

全般性てんかん

全般性てんかんは、脳の神経細胞に生じる電気的な興奮により、けいれんや意識障害などの発作を繰り返す「てんかん」の一種で、大脳の左右両面に異常が広がり、発作も全身におよびます。

私の遺伝子型の発症リスクは日本人平均の0.86倍でした。

全般性てんかんは、脳の電子的な興奮が起こりけいれんや意識障害を起こすのは他のてんかんと同じですが、大脳の左右両面に異常が広がるため、発作も全身に及びます。

私と同じ遺伝子の人は100人中28人、
私より発症リスクが高い人が100人中69人、
私より発症リスクが低い人は100人中3人です。

欠神てんかん

欠神てんかんは、全般性てんかんの1つで、幼児や小学生低学年の子供に多くみられます。男児より女児の方が多いと言われています。

私の遺伝子型の発症リスクは日本人平均の1.18倍でした。

私と同じ遺伝子の人は100人中56人、
私より発症リスクが高い人は100人中0人、
私より発症リスクが低い人は100人中44人です。

ミオクロニーてんかん

ミオクロニー転換は全般性てんかんの1つで、「ミオクロニー発作」を起こします。「ミオクロニー発作」とは、顔や手足などの筋肉の1部がぴくっと短くけいれんする発作です。

私の遺伝子型の発症リスクは日本人平均の1.53倍でした。

私と同じ遺伝子の人は100人13人、
私より発症リスクが高い人は100人中0人、
私より発症リスクが低い人は100人中87人でした。

ミオクロニーてんかんは結構高い確率ですね。そういえば、無意識に手足がピクピクと動くことが多いような気もします。

これがミオクロニー発作かどうかは調べていないのでわかりませんが、頭のすみに入れておけばイザとなったとき判断材料の1つになります。

いずれにせよ、てんかんが疑われる場合、遺伝子検査が判断材料の1つになることは間違いないと思います。